FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

お盆はポチのお相手

ポチといっても犬ではない。
可愛い名前で猫の皮を被っているが、本当はちょっとでかめの耕耘機の名前だ。

今年のお盆はど真ん中に出勤日が重なるためどこにも行けず、ぐーたらを決め込んでいた。
そしたら白羽の矢が立った。「ちょっと畑手伝ってくれ~」
お盆だし普段あまり家の手伝いできてないからまあいっか、体も動かさないとな。


hatakeIMG_1587.jpg
これがポチ?凶暴な刃も付いてるし、むしろケルベロスじゃないの!?
ミッションは耕しながらぼうぼうに生えた草を根こそぎ刈り込むこと。
さて、初めて扱うマシンを前にどうなることやら。

hatakeIMG_1591.jpg
初めて使う機械だったので簡単に扱い方を聞いたけどこれが結構ややこしい。
エンジンスロットルに始まりクラッチや変速機まで付いている。
これは実際に動かさないとさっぱり分からないので取り合えず一畝だけ耕してみることにした。

刃を下ろしたらスロットルを煽ってクラッチを繋げる、途端、凹凸に足を取られながら突進する耕耘機は軽いロデオ状態に。それでも何とか一畝耕した。

「自分の息子はエンジンとかハンドルとか付いているものなら何でも扱えるだろう」という父の目論みは的中したらしく、二畝目からは普通に耕せるようになった。気づかずに2、3玉のスイカが畑の肥やしになったけど.......


hatakeIMG_1598.jpg
畑全部を耕すのはほんの一時間くらいの作業だったけど、ひょっとしたらトレイルライドの時以上の汗をかいたかもしれない。これは立派な重労働だ。

別に地産地消にこだわるわけじゃないけど、我が家では基本的な野菜は昔から自宅の畑で育てている。経済的な見方をすると自宅でわざわざ野菜を育てる仕事量を考えたら、スーパーで買ってきた方が「効率的」ってことになるんだろうけど、自分の手で自分の食べるものを作るってことはそれだけでとっても意味の有ることだと思う。

長靴に付いた畑の土をジャブジャブ水路で落としながらふとそう思った。
遊んでばかりいないでそろそろ家のことも色々手伝わないとなあ。

スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

2010/08/21 22:26 |日常の風景COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。