FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

鈴鹿10時間耐久エンデューロ 2009

今更だけど活動報告。

SW中に行われた毎年恒例の鈴鹿のレース、いつもは2,3人でチームを組んでいるところを今年はmaxの5人で走ってきた。そのかわりと言ってはなんだけど、いつもの8時間耐久は10周年にちなんで10時間耐久になってしまった。

DSC_3108suzuka.jpg
耐久レースは走ること自体も辛いけど、それ以上に朝早いのが辛い。朝5時エントリー開始で、6時には試走開始、んでもって7時スタート。前日もガレージで車中泊だからまともに寝れてないのに行動開始時間だけは夜明け前ってかなりハード。

エントリーも友達にやってもらい、試走は無視、スタート後も順番が回ってくるまでは放心状態。当然でしょ!?

DSC_3140suzuka.jpg
昨年は他のメンバーがMTBだったからMTBカテゴリーでの参加だったけど、今年はロードも居るってことでロードカテゴリーで参加した。例年のように参加していて思ったのは、オンロードのクローズドコースを走っていて楽しいのは断然ロードの方だということ。ロードなら集団を形成してスリップストリームの恩恵を受けながら楽して高速で周回することもできるし、ダイレクトでシビアなハンドリングでコーナーを攻めることもできる。その感覚は正にスポーツカーでかっ飛ばすかのような感覚に近い。レース後にメーターの記録を見たら最高速度は時速60キロオーバー、公道では下り坂でもほとんど出すことがないような速度域で走行するサーキット走行は、正に非日常的な世界をもたらしてくれる。まっ、体への負荷も相当かかるから年1回くらいで丁度良いけど。


DSC_3128suzuka.jpg
上位チームはありえない速度で集団を形成して周回しているけど、大半はレースの順位よりもレースそのものを楽しんでやろうって人たち。そのため参加者の中には着ぐるみあり、コスプレありのファンシーなチームもちらほら。何気にレースよりもこっちを見ている方が楽しいかも。


DSC_3193suzuka.jpg
ピットでおとなりさんだったチーム。ゆるい、ゆるすぎる~!でも嫌いじゃないです。


DSC_3264suzuka.jpg
当チームの作戦はいたって簡単で、2周交代でただ順番に回していくだけのこと。順位なんて全然気にしていないから各人がそれぞれ好きなペースで走ればいい」。本気で走るも軽く流すも自由気ままの本人任せ。

1回だけだけどここぞとばかりにタイムアタックしてみた。結果1周にかかったのは9分ちょい。自分ではかなり速いペースのつもりでも、ベストラップは確か7分半くらい。本当に人間か?


DSC_3380suzuka.jpg
終わってみればあっという間の10時間だった。別チームで出場していたサークルの現役チームはMTBクラスながら表彰台に乗ることができたし、抽選会で自転車当ててたし、OBとしては嬉しい限り!!



本当に本当に辛い耐久レースはこの後で、睡眠不足・疲労・満腹状態で帰路につくのはデッド オア アライブの瀬戸際だった。今度から後輩君がしていたように近場の温泉で一泊してから帰るようにしよう。もう若くない.......
スポンサーサイト

2009/10/01 23:08 |日常の風景COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

コメント

腹減った

No:741 2009/10/03 17:55 | #- URL [ 編集 ]

おおっ、またえらい大変そうなんに参加してるやん(笑)

5人参加で10時間やろ?単純に等分したとしても1人当たり2時間ぶっ通しか、よく体力持つなぁ。

大人になってもこうやって汗流して楽しめるのは良い事やな、いや大人だからこそ楽しめるのかもね。

また大阪帰った時は、箕面まで自転車で一緒に行こうぜい(^-^)

No:742 2009/10/05 22:47 | ケンタス #- URL [ 編集 ]

>ケンタス
子供の頃は汗を流すようなことをするのがそんなに苦じゃなかったはずなのに、いつの頃からか汗をかく行為そのものを毛嫌いするようになる。でも、そんな大人にはなりたくない。

箕面か懐かしいなあ。昔みたいにママチャリで行こう。

No:743 2009/10/06 21:54 | 花鳥風月 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。