FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

京都トレイルをハシゴ

 居酒屋でもめったにハシゴしないのに、今回は修理屋さんとトレイルをハシゴした。久しぶりのトレイルで体力が心配だったけど(二人とも)なぜか行けちゃうのでした。

IMG_5595hieizan.jpg
いつものようにケーブル八瀬で比叡山の上まで連れてってもらう。楽し過ぎてないか?といつも気がかりだけど、ここまでは壬生の辺りから自走してるんで許したってください。


IMG_5599hieizan.jpg
山の上に上がってみるといつになく視程がいい。ずいぶん遠くまで見渡せた。


IMG_5612hieizan.jpg
いつも走るコースは何度か分岐点があるけど、最近通ってなかった方のコースを取った。そしてあまりこのコースを通ってなかった理由を思い出した。急斜面な上にベースボール大の石がコロコロしてるのでした。おっかなびっくりとろとろ走行だと石に弾かれてヒヤッとし、かといって速度に乗せるとそれはそれで恐いもの。どっちつかずの中途半端な走りでクリア。


IMG_5617hieizan.jpg
ほどなくいつものコースに合流してすぐにやってくる激バンク。久しぶりだからとお互い合意してもちろん回避(チキンズ)


IMG_5623hieizan.jpg
途中マムシベビーと追いかけっこしながらもいつもの昼食ポイントに到着。修理屋さん、手作りおにぎりありがとうございました~。やっぱ山ではおにぎりで決まりです!!


IMG_5625hieizan.jpg
昼食が済んだらそのままケーブル駅方面へ下るのが定番コースになっている。でもこの日は比叡平から入るもう一本のコースへ向かうため、谷を2、3回越える担ぎありのコースに反れた。


IMG_5645hieizan.jpg
後から考えれば、一度完全に一般道まで出てからオンロードで比叡平まで登った方が楽なのに、なぜか頭の中はトレイルで出来るだけ比叡平に近いところまで行くのでいっぱいいっぱい。分岐点でGPSと見比べてはここは行けそう!と突っ込む。すると倒木とクモの巣の攻撃に耐えかねてまた逆戻り。そんなことを何回か繰り返してやっと見つけたのがこの写真のルート。幅の広い谷線で縦横無尽にラインを選べるのが楽しい。


IMG_5649hieizan.jpg
そして程なくして出た見覚えのある場所。こんな場所に繋がってたか~、と一冒険終えた気分。でもここからが本日2本目のトレイルの入口でしかない。今度はケーブルなんてないからもちろん自走。


IMG_5654hieizan.jpg
比叡平の住宅街にて。
車の中にこんなもん放置しなさんな!坂を上りきってハーッと息をついた途端こんなのと目が合ったら息を呑んでしまう。


IMG_5663hieizan.jpg
比叡平に着いたらもう登りきった気で居るけど、実際はトレイルに入ってからの登りが意外と残っている。


IMG_5666hieizan.jpg
弱音を吐きたくなる寸前のところで大文字の三角点に到着。ここまでくればこっちのもの。あとは本当に下るだけの極上トレイルが待っている。


IMG_5681hieizan.jpg
七福思案処までほぼ一気に下る。そこから南禅寺までのコースの途中に架かる橋が非常に危うかった。

先に僕が走っていて、いつもと違う橋の質感を感じつつも念のために抜重ぎみに通過。確認しに戻ったところに修理屋さんが突っ込んできた。「ベキベキッ!」嫌な音はしたけど無事通過。一本目の踏み板が芯まで腐っていた。やだやだ、早く取り替えないと。


IMG_5686hieizan.jpg
はい、ゴール。今回も怪我無く無事に下りてきました。


IMG_5690hieizan.jpg
トレイル終わりにお決まりのポイントで記念撮影。いつも自転車と水路閣のツーショットばかりなんで今回は趣向を変えてみた。

スポンサーサイト

2008/09/03 21:10 |日常の風景COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

二本はつかれたよな~

また近々いこう!!

No:572 2008/09/04 00:13 | 修理屋 #- URL [ 編集 ]

>修理屋さん
お次は何本行っときます?

No:573 2008/09/04 22:09 | 花鳥風月 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。