FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

間違いなく過酷@六甲山

 土日連続のトレイル遊び。しかも六甲山ときたもんだ。さすがに六甲山ともなれば上に登るだけでも大変なんで、あの手この手を使って出来るだけ楽をしようと思ったけど、どうやら無理そう。結局下山するであろうポイントの近くに車を停めて、あとはひたすら自走することになった。

rokkouchan_convert_20080612223619.jpg

 これが今回走ったところのGPSログ。後から見てもほんとよく頑張った。最後の方なんかグロッキーになってたからなあ。



IMG_4731rokkou.jpg

 トレイルを走るためだけに、にここまで頑張る必要はあるのか?と自問自答したくなるくらい登り坂が続く。きっついわー。数えきれないくらい休んで、メーターが反応しないくらいのスピードでえっちらほっちら。何度他のチャリダーに軽快に抜かれたことやら。それもほとんどが結構なご年配の方だし、なんだか情けない。

IMG_4747rokkou.jpg

 いくらゆっくり走っていても、前に進みさえしていればいずれはゴールにたどり着く。時間はかかったけどやっとのことで六甲山山頂に着いた。

IMG_4752rokkou.jpg

 931mからの眺めは生憎のガスで今イチだったけど、自分の足で登ってきたという達成感は格別のもの。ロードならまだしも、ダブルサスのMTBだしよく頑張った!でもでも本番はこれから。目的はトレイルを走ることだから、実はここからがスタート。

IMG_4757rokkou.jpg

 前の日に山地図とにらめっこして、乗車率が高くて景色が良くて気持ち良く走れそうなルートを探しておいた。選んだルートは、一軒茶屋、七曲り、東お多福山、雨ケ峠、横池、八十文字山を繋ぐコース。準備万端ぽいけど、実際に走るのは初めてなんでぶっつけ本番、楽しくなかったらごめんなさいプラン。出だしはテクニカルだけどまずまず好調。

IMG_4778rokkou.jpg

 七曲りを下りきるとしばらく登りが続く。最初はジープロードでまだ乗れたけど、お多福山の裏側からはついと担ぎと押しになってしまった。

IMG_4787rokkou.jpg

 でも頑張って登りきると、ご褒美にこんな素晴らしいところが待ってます。目の錯覚で結構な下り坂なのに平地に見えてしまう。だから結構なスピードが気づけば出てしまうけど、正面に絶壁があって嫌でも減速するから安心。

IMG_4792rokkou.jpg

 草原のなかを疾走する気持ちよさ。このあたりはほんとうに最高かも。登りの苦しみを忘れてまた来てしまいそう(笑)。ここでランチと昼寝をした。

IMG_4823rokkou.jpg

 大嫌いな「濡れ斜め生え根っこ」区間では今回初の猪に出くわすも、幸い向こう側から去ってくれた。この時期可愛いウリボウに会えるのは嬉しいけど、殺気立った親猪も一緒だから出くわすとドキッとしてしまう。

IMG_4832rokkou.jpg

 横池で休憩しようと思ったけど、地図を見ると「危」マークが付いていた。おまけに注釈で「長居は禁物」とも。獣達の水場なんだろうか?いずれにせよゆっくり休んでる時間なんてないので先を急いだ。(長昼寝がきいた)

IMG_4838rokkou.jpg

 横池以降のトレイルは、これぞシングルトラックの王道と思わせるようなすばらしい道だった。ここで一気に時間を巻き返した。

IMG_4857rokkou.jpg

 本当は十文字山の方まで行きたかったんだけど、時間と体力を考えて八幡谷を下ることにした。でもこの道が最後の最後で結構な難関。ほとんど乗れなかったし、谷だから光が届かなくて暗いのなんの。近頃経験した日没との勝負がまたもや勃発。

IMG_4860rokkou.jpg

 で、しばらくだらだらと下っていると突然視界が開けて住宅街に出た。最後はあっけないくらい簡単に俗世間に戻った。今まで一日中山の中に、言わば非日常的な空間の中に居たのに、こうも突然日常に還されるとカンが狂ってしまう。人を見かけるとなぜか嬉しくなる。これも無意識のうちに人間社会とかいうやつが心のよりどころになってるんだろうな。
 
 それはそうと、今回のトレイルツアーは本当に過酷だった。体力的にもかなり上級者向けだったに違いない。それでも無事何事もなく帰ってこれたってことは、それなりに体力も付いてきてるのかも。さすがに頻繁にというわけにはいかないけれど、たまには六甲なんてのもありかもしれない。





 










スポンサーサイト

2008/06/12 23:35 |日常の風景COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

大変やったけど、面白かった。

山から町に出て、おばあちゃんを見たときは山を下りれた実感が沸いて嬉しかった。暗くなってきてたし、余計にね。(笑)

No:523 2008/06/14 10:23 | のび〜 #- URL [ 編集 ]

>のびー
お疲れ様でした。
完全に疲れ取れるの2週間くらいかかったわ。

No:525 2008/06/16 22:02 | 花鳥風月 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。