スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

目指すは六甲山頂、されど...

 お盆休み真っただ中、せっかくの夏空が広がってるのに良い汗をさほどかいてないことに気づいた。夏になったら乗りまくるぞ!と意気込んで買ったロードバイクが薄らと埃でコーティングされている。これではいかん、よし六甲山に登ってやる!と重たい腰を上げたのはいいのだが.....

takaraduka-3.jpg

澄み切った青空のもと降り注ぐ日光も殺人的、昼間だってのに滅多に人を見掛けない。30分も走れば熱が体中にこもって危険な状態に近づくのが体感できるほどの暑さだった。

takaraduka-8.jpg

宝塚に着いたら休憩がてら歌劇前の花の道へ。木漏れ日が降り注いで気持ちのいい散歩ロードをゆっくり歩いてクールダウン。

takaraduka-6.jpg

好きな人は好きなんだろうなあ。宝塚歌劇場前にて。

takaraduka-2.jpg

六甲山頂に続く長いアップヒルに備えて腹ごしらえ。出発前に一応ネットで調べておいたカレーのおいしい店「オフロード」は逆瀬川にあります。腹がいっぱいになったら眠たくなるのが人の性、山頂に向かう意欲がどんどん薄れていく.....




takaraduka-1.jpg

猛烈な暑さも手伝って結局登頂を断念してしまった。(←へたれ)
ただ、そのまま帰るのも馬鹿らしいから「手塚治虫記念館」に寄ってみた。

takaraduka-7.jpg

夏休みだし、お盆だしで館内は子供で溢れかえっていた。一階は手塚治虫の少年期から晩年までの年表があったり、各時代の愛用品やアイデア帖などが展示されている。その中でも見入ってしまったのが幼少期のノートブック。主に昆虫の写生が描かれたもので、そのディティールの細かさや再現力には驚かされた。

takaraduka-4.jpg

一角には彼の仕事机を再現したコーナもあった。世界に認められる人物がいったいどういった環境で傑作を生み出していたのか、才能による要因が大きいのは分かっていても気になってしまう。

takaraduka-5.jpg

貴重な代表作の初版本もしっかり展示されている。また、ライブラリーでは実際に彼の漫画をほとんど読めるので、ついつい時間を忘れてどっと手塚ワールドに浸ってしまった。




 入場料もお手頃だし、展示方法にも夢があって大人にこそ行ってもらいたい記念館。コロコロと企画展示も変わるみたいなんでリピーターになりそう。今日は天気も良いし手塚治虫記念館でも行ってくるか~、てな感じで。

 あれ、六甲山はどうなったんだろう?!
スポンサーサイト

2007/08/26 22:46 |日常の風景COMMENT(2)TRACKBACK(1)  

コメント

ほんとや、六甲山どうなったん?w
また山頂で自転車担ぎ上げて写真撮らないと~。

手塚治虫記念館って、ホント手塚ワールドが広がってるな~。
東大阪(たぶん)にある司馬遼太郎の記念館も行ってみたいけど(本棚が凄いらしいよ)、写真見ててここも行きたくなったわ~。

No:333 2007/08/27 11:02 | のび~ #- URL [ 編集 ]

>のびー
六甲山は涼しくなったら行く!と思う.....

色んな著名人の記念館て思わぬところに有ったりしておもしろいよな。チャリで記念館巡りするのも楽しいかもよ。

No:334 2007/08/28 21:53 | 花鳥風月 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/09/08 | 昆虫を極める |

バケラッタくん

羽化率アップ!いいよこれ。蛹室が壊れた時など、代用して下さい。とても気に入りました無事羽化しました^^クワの非常時に使おうと思っております。ミニケースに『ピッタリ!』というのが、いいですね!・・昆虫用品及び昆虫仕入先募集中・日本最大級のトナー&インクショ

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。