スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

過激な水遊び@滋賀県八淵ノ滝

 夏も終わりかけの9月末に申し込んでいたキャニオニングが濁流のために中止になってしまったので、再トライで申し込んだ10月のシャワークライミング。下り系から上り系に遊び方は変わってしまったけど、最後のチャンスにかけてみた。友達3人で申し込んだけど、そのうち1人は堂々の朝寝坊で行く前から脱落というハプニングがあったり、途中渋滞でつかまったりと色々あったけど、ラリーレース並の時間管理とスピード配分で見事集合時間2分前に到着した。とりあえずはこれでOKだけど、あと気になるのは天候で、前回も集合時間にはギリギリ間に合ったものの悪天候のため中止となってしまった。この日も天候はお世辞にも良くはない、でも現地を偵察してきたインストラクターさんによると霧は出ているものの水量的には問題なしということで、ひとまずほっとした。
shower-1.jpg

 装備一式をレンタルしてキャニオニングする「八淵ノ滝」近くまでは車で移動。ぞろぞろと黄色いプリティなお尻を揺らして川までは少しばかりハイキング。

続きを読む »

スポンサーサイト

2007/10/27 23:14 |日常の風景COMMENT(5)TRACKBACK(0)  

神戸のディープな夜

 神戸の「モトコー」と言えば三宮から元町まで続くちょっとコジャレた雑貨屋や服屋が軒を連ねる通りを想像する人が大半だろう。でも、ほんとの「モトコー」はそんなんじゃない。元町から神戸駅側の「モトコー」どことなく九龍城にも似た妖艶な胡散臭さ漂うディープな世界が広がっている。話には聞いていたものの、これといった用事が特になかったんで結局行かずじまいのまま、ずるずる今まできてたけど、神戸に買い物に行ったついでに、ちょっとした好奇心も手伝ってディープモトコーに生まれて初めて足を踏み入れてみた。

motokou-6.jpg

続きを読む »

2007/10/23 00:20 |日常の風景COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

妙見山初谷川トレイル & コスモストンネル

偶然目にした駅のポスターにビビッときた。足下に広がるコスモス、その上ぎりぎりを進むリフト。乙女チックでメルヘンチックなこの光景が疲れたおじさんには天国のように見えた。もう行くっきゃない。偶然にもすぐ近くに前々から目を付けていたトレイルもあることだし、トレイルの調査ついでにコスモスリフトに乗るか~。(本心は逆だったりする)

myouken-2.jpg
こんなの見たら誰でも行きたくなりますよね?

続きを読む »

2007/10/14 09:16 |日常の風景COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

久々の長距離

 鈴鹿の8耐を11月に控えておきながらも全然走れてない状況にある。このままじゃチームメイトに頼り切ってしまうな、と思って体を長距離に慣らすために木津川のサイクリングロードに走りに行って来た。

 嵐山をスタートしてゴールは奈良の木津駅の辺りまで、この間ずっとサイクリングロードが整備されている。今回生まれて初めて走ったけど、しっかり整備されていてとっても快適な道だった。どうして今まで一度も走りにこなかったんだろう(後悔)

kidugawa-1.jpg
前回来たとき雨でまったく観光出来なかった嵐山界隈を少し散策。

続きを読む »

2007/10/13 16:15 |日常の風景COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

デンジャラスな衝動買い

 まだ夏になる前の話。
 
 バイクツーリングに行ってていつも気になってたのが足回り。さすがに4万キロも走ってると大分へたっているみたいで、高速でも低速でもフワフワとしていて何とも言えない接地感の無さ。で、こりゃいかんと思い社外品の良いサスは無いものかと物色していた。それで見つけたのがWP Suspention社製のもの。本当ならオーリンズのが良かったけど、ラインナップに旧版モデルまでしか対応しているサスが無い様子。無いのならしゃーない、選択の余地なし。といった感じのやり取りをショップとしていて夏前に発注していた。そして昨日連絡があり、サスが港にやっと到着して今通関手続きをしているらしい。今週末には手元に届くんでやっと作業にかかれるって話。

 船便で送られてくるから冬頃の到着かと覚悟していたけど、思ったより早く着いたみたい。それはそれで懐の覚悟がまだ出来てなかったんで困りもんだ。
4014_fusion.jpg

2007/10/06 08:55 |日常の風景COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

寄藤文平 BUNPEI YORIFUJI

 定期的に購読している雑誌「Pen」の ”クリエイターを探せ” ってコーナーで紹介されていたアートディレクター兼イラストレーターの寄藤氏。この人が出した本「死にカタログ」、英語にするとTHE CATALOGUE OF DEATH。何もかもがめちゃくちゃストレートだけど、どこか気になるこの本。雑誌の記事を読んだ次の日に、ゲームソフトを買いに行ったついでに普段はめったにあがらない2階の古本コーナーに行ってみたら、たまたま見つけたので買ってみた。

 ところでこの白地に緑の色のグラフィックどこかで見たことありません?そう、一時期話題になったJTの広告「大人たばこ養成講座」の作者なのです。本の内容も色んな角度から死を科学していて面白い。「死」なんて聞くと少し身構えてしまいがちだけど、とってもストレートに文章とイラストで表現されていて、死について色んな意味で考えさせられたし勉強にもなった。とっても良い本です。ぜひ読んで見てくり。
death01

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

2007/10/01 19:32 |独り言COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。