スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

しゃちょさん

きょうのお昼御飯は某デザイン会社の社長さんと一緒だった。
話を聞いていて思ったのは、とても好奇心旺盛で良いアイデアを常に探しているなあということ。普通の人なら慎重になりすぎて前に出れずに居るところを、この社長さんは躊躇せずにまずは端っこをカジッてみて美味ければそのまま食べ、まずけりゃ吐き出すくらいの心構えでいる。デザイナーという職業柄どうしてもそうせざるを得ない部分があるのかもしれないけど、人生を楽しく過ごすには欠かせない姿勢だと思った。暑いからってアイスばっかりカジってないでたまには別の物もカジらないとなあ。

スポンサーサイト

2006/06/29 23:11 |独り言COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ホタル探しに潜む危険

ホタルを探すために夜な夜な田舎道を走っていた。翌日は仕事があるから出来るだけ早く帰ろうと、タイヤが鳴り出すような速度で走っていたら、ハイビームの先に走り屋の集団が浮かび上がった。しまった!!と思った時は既に遅し。周りは改造車だらけ、ハザード点けた車にあおられるあおられる。後続車も対向車もみーんな頭文字Dな走りで辺りは別世界。HA! HA! HA! 夜中に峠道なんて通るもんじゃないよ。

そんなリスクを負ってまで見つけたホタルたち。時期は遅いのに乱舞してました。一寸先は闇の中、木々で休むホタルたちは風が吹くと一斉に光り出して、その瞬間だけ現れるクリスマスツリー。そして水が張られた田んぼは鏡のようにホタルを映し出す。ずっと眺めていたくなる日本の風景です。頑張って写真も撮ったけど、シャッタースピードと絞りが合ってなかったみたいで現像してみて少しがっかり。でも感動をお裾分けしたくて少しアップします。下手な写真でこれっぽちも感動しないと思うけど。

hotaru.jpg
クリックで拡大するべ

2006/06/28 23:00 |日常の風景COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

梅雨休み、いざ鯖街道へ

梅雨前線の隙を突いて今日はツーリング、福井県小浜方面へ行ってきました。

久々のツーリングだからかなりウキウキルンルン気分、いつもよりアクセルも開け目でまずは舞鶴へ向かう。途中何度かスカイブルーの服に白い大型バイクのおじさま方に出くわして冷やっとしたけど、難なくクリア。舞鶴で海上自衛隊の船と倉庫群を見たらルート27で先を急ぎ小浜に到着。それが丁度15時頃だったからお腹はもうペコペコ、なぜなら朝のうちに出発したもののバイクの不調で一回整備しに帰ったから結局出れたのが既に昼過ぎだったから。日常点検怠るべからずが今日の教訓。

で、小浜に着いたらもちろんまずは腹ごしらえ、小浜は鯖街道の起点だから何かそれっぽいものはないかと商店街をうろついていたら、売ってるのは干物か生魚。近くでキャンプでも張るつもりなら間違いなく買ってたけど、出来れば直ぐに食べれる物が良い。続いて駅前方面に向かっていると何やら気になるのぼりがヒラヒラしていた。なになに・・・・ん?福井名物カレー焼き!?何だそりゃ、聞き捨てなぬ!!直ぐにUターンして店の前にバイクを乗り付け、「おばちゃん、カレー焼き2個ちょうだい」、するとおばちゃん「210円になりま~す」。ちょっと安いじゃないの、しかも持った感じずっしりしてて2個でも結構食べごたえがよさそうな感じ。目の前で食べるわけにはいかないので、タンクバックに謎の食べ物をしまい込み、海辺にバイクを停めて恐る恐る頬張る。一瞬微妙な感じはしたけど、今までに無いとても新鮮な味がした。これは食べなきゃ分からない。

カレー焼きを食べてお腹はそこそこ膨れたけど目の前に海があるんだから魚の一つや二つは食べておきたい。辺りを見渡すと、海越しの遠く~の方に「フィッシャーマンズワーフ」の看板を発見。行ってみると大当たり、とれとれぴちぴち地魚と特産物が売られる観光用施設だった。さらに良い事に、売られているパック寿司をその場で食べれるコーナーがあった。しかもみそ汁無料。選んだのはボタンエビの握りとハマチの握り。さっそく食べると、これがまた美味い。ボタンエビは感動的な甘さ、いったい何食べたらこんなに甘くなるんだろう。

お腹が満足したら少し小浜の町並みを見学して鯖街道を通って京都市内へ向かう。途中「熊川宿」で小休憩してあとは一気に名神京都南のICを目指すのみ!と思ってたけど温泉に入りたくなったから朽木の「てんくう」という温泉に寄った。学生時代は連れとよく来たなここ、なんてことを思い出しながらサウナで一人耐える。風呂ですっかりリフレッシュし終えたら、また鯖街道を南へ突っ走る。京都市内で友達と少し会ってたから家に着いたのが22時頃で総走行距離は300キロちょい。日帰りツーリングには丁度いい塩梅ですな。


IMG_8583.jpg

舞鶴に向かう途中に出会った日本の現風景。風が吹くと稲がウェーヴして、風がまるで走ってるように見える。

IMG_8590.jpg

対向車は一台しか居なかった峠道からは舞鶴の街を一望できた。標高も結構あるみたいで海から吹き上がってくる風がとても冷たくて気持ち良かった。

IMG_8596.jpg

小浜の商店街では食べ物はゲットできなかったけど、歴史ロマンを発見。床に鯖街道起点の碑が埋め込まれていた。ここから京都出町まで小浜の海産物を運んでたんですね。

IMG_8605.jpg

こいつが問題の「カレー焼き」、もちっとしたほんのり甘い皮の中にカレーが詰まってる何とも不可思議な食べ物。ぜひ食べてみて、美味い!と思う(たぶん)。8ちゃんらーめんと言いこれと言い、福井限定で独自の進化を遂げた食べ物って結構あるな。

IMG_8616.jpg

あまーいあまーいボタンエビ、説明は要らんね。魚好きにとっては地魚が安く美味く食べれる環境がとても羨ましい限りです。

IMG_8612.jpg

小浜三丁町の古い町並み。昔は花街で三味線の音や風流な京ことば何かがこぼれていたらしい。

IMG_8629.jpg

鯖街道の途中にある「熊川宿」は若狭から京の都まで物資を運ぶための集積地だった。歴史的景観が保存されていてちょっとタイムスリップ気分を味わえる。

IMG_8625.jpg

梅雨ですね~、梅雨と言えば紫陽花ですね~。日本は季節に応じて桜、紫陽花、向日葵といった感じにそれぞれの季節を象徴する花があるから良いもんです。生き物で言うなら黄色いチョウチョ、カエル、カブトムシみたいな。あれ、冬の象徴は?

2006/06/25 00:42 |日常の風景COMMENT(7)TRACKBACK(0)  

なんともはや

今日こそ早く退社してホタル探しに行こうと思ってたら、そんな日に限って忙しいのです。月末が近いせいか、片付けても片付けても事務処理が舞い込んでくる。そのせいでタイムカードを切れた時間「9:11」..............なんかやな感じ。さすがにこれだけ遅いとホタル見に行けないな~。明日からは雨らしいか今年はもうチャンス無いかも。残念、無念、また来年。

2006/06/20 22:13 |日常の風景COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ラッキーデイ

日曜日は久しぶりにライプチヒメンバーで会って京都を散歩。市バスの500円乗り放題券を買ってあても無くぶらぶらする。京都って歩いていると色んな発見があって良い刺激になるから結構好き。

皆行った事が無いみたいなので手始めに平安神宮に行ってみる。ここの神苑はなかなかの癒し空間で、毎日の散歩コースにしたいくらい。

平安神宮を出ると南下して知恩院へ。ここも何気に初めて足を運ぶ。大学に入ったばっかりの頃は毎週のように京都散策していたのに案外メジャーなとこは行ってないものだ。風格ある立派な門をくぐる前に駐車場に目をやると、ついに会えたよ四葉タクシー。探し求めて数年、やっと目にする事が出来た。見つけてくれた友達に感謝。お影さまで今週一週間はラッキーでいれるかも。
CIMG0047.jpg
八坂タクシーも粋なことしてくれます。今度はぜひ乗ってみたい。
CIMG0052.jpg
爽やかな風の通り道になっている男坂の階段。

場所を祇園に移して小休憩、友達おすすめの「京きなな」へ。穴場なのに行列ができてて並ばないといけなかったけど、自然の美味しさ100%のアイスは待ってでも食べる価値あり。はまりそう。
CIMG0065.jpg

外見だけでは何屋かさっぱりわからないけどアイスのお店。
CIMG0067.jpg
頼んだのは出来たて「黒ごまきな粉アイス」。柔らかくてあっという間に溶けてしまう。ほんのりとした甘みが美味な逸品。

夜はホタルを見に「上賀茂神社」へ。時期が少し遅いから見れるか心配だったけど、辺りが暗闇に包まれるとちらほらと光り出して安心。淡い光に癒された。写真は撮ったけどしょぼいからパス。また今度良いのが撮れたらアップしよう。

さて、来週は何するかね。労働意欲の再生産のためにもうーんとのんびりしたいですな。

2006/06/19 23:09 |日常の風景COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

二日酔いの夜に一仕事

20060618000346.gif


昨日は正直飲み過ぎた。まだ少し頭が痛い。
例年だと新人は最初の歓迎会で酔い潰されるらしい。昨日は酔いはしたけど潰れるまでは行かなかった。そういや部長がヘベレケになりながら「君を潰そうと思ったら先にこっちが参ってしまうわー」なんて愚痴をスナックでこぼしてたなあ。おかしい、そんなに強くないはずなのになぁ。知らぬ間に某サークルで鍛えられてたのか!?

昨日がそんなんだから今日は一日中引き蘢りになって、HDDに録り貯めた「素敵な宇宙船地球号」というECO番組を観る。地球の色んな場所で今現実に起こっている環境問題にスポットが当てられた番組だけど、観るたびに人間の愚かさに気づかされる。何よりも大切にしなけりゃならない物を目先の利益を得るために破壊するんだから困ったもんだ。でも、そんなことを言ってるやつも一人間の端くれで、破壊の恩恵を少なからず受けている。大半の人間と違うのは本当に自然が大好きだということ。ただそれだけ。別に何か言いたいわけでもないのでこの話は終わり。

一通り見終わったら次はDVDにダビングしてHDDの整理整頓。なんせレコーダーがジャイアン的兄の所有なんで残容量と反比例して不機嫌ゲージが溜まっていく。プリンタブルディスクに焼いたら何かレーベルをデザインしてみたくなった。ロゴだけはオリジナルを使った方が良いと思い番組ホームページで探したけど低解像度の物しか見当たらない。仕方が無いから自分で作る事にした。イラストレーターを久々に起動してトレース作業にかかる。慣れない作業で30分もかかったけど、出来は妥協できる範囲内。割と上手に描けたなあ(ふう、やっと話が上の絵と繋がった)

2006/06/18 00:45 |日常の風景COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

歓迎されてる?!

金曜日の夜は課をあげて歓迎会があった。今更かと思わなくもないけど、仕事の都合でなかなか揃うときが無いから仕方無い。会社からタクシー飛ばしてまずは焼き鳥居酒屋へ、コース料理+飲み放題で皆そこそこ酔い潰れて来たから解散かと思ったら、おじさん達は弾ける時はとことん弾けるんです。俺の歌を聴けと言わんばかりに2次会はカラオケで、年齢幅が40くらいあるから歌われる歌もごちゃ混ぜでなかなか面白かった。カラオケを出た頃には終電も無くなってるような時間だったけど、やっぱり3次会があった。部長と課長2人に「若い子はもちろん来るよね?」と言われたらさすがにここで帰るわけにはいかない。2つ返事でタクシーに乗り込み、部長行きつけのスナックへ移動。スナックて何気に初体験、お酒が気づけば足されていてグラスが絶対に空にならないことにも驚いたけど、上司の弾けっぷりにも驚いた。まるで紅の豚に出てくるジーナの店に集まる空賊状態。それをさりげなくかわすママのテクニックもさすがのもの。結局朝方まで飲んで歓迎会終了、途中からただの飲み会になってたけど。色んな意味で社会勉強ができた夜でした。



2006/06/17 14:12 |日常の風景COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

虚弱体質?!

あぁ、今週はなんかだるい~。それにやたらと火照る。と思って体温計ってみたら37.2℃。・・・・・・・何とも微妙。

学生時代なら間違いなく自主休講して不貞寝を決め込んでいたところ。社会人になるとそういうわけにはいかない事くらい承知の上、せめて悪化させないようにとスキを見つけては神業的に昼寝して持ち堪えているのが現状。微熱ってのはなかなか治らないもんで、既に3日続いております。薬嫌いだからミカンと根性で治そうとしているのが長引かせている原因のような気がするけど、早く良くなれ~。

2006/06/14 23:28 |独り言COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

補講日の焼肉

土曜日は補講日のため大学に行ってきました。

卒業してるのにいつもの通学路を通って、いつもの門をくぐって、いつもの大学に着くと自分がまだ学生でいるかのような錯覚に陥る。でも以前住んでた場所には見知らぬ誰かが住んでいてここには戻る場所はもう無い。懐かしさと寂しさが半々の変な気持ち。日がもっと経てば見え方も変わるんだろうけど、ほんの数ヶ月前まで自分が当たり前のように暮らして街だからなあ。まあしょうがない。

大学に居る間は、都合のついた大学時代の友人数名と会って少しばかり話をした。社会人になって変わったなあとか言われたらどうしようかと思ったけど、相変わらずと言われて少し安心した。

夜には修理屋さんファミリーと焼肉を食べに行って酒を交えて語り合う。このメンバーで飲むことは大学時代はほとんどなかったのに最近になって増えた気がする。毎日会ってたから飲みに行こう何て気にはならないのかもしれない。久しぶりに美味しい酒が飲めて大満足。どーもーごちそうさまでした~。

CIMG0013.jpg
大学に行ったらすること、そりゃもちろん、、、、、キノコ探し!!でもいつものキノコスポットへの入り口がスズメバチとクモの巣に塞がれてたから仕方なしに断念。代わりに野いちご?発見。

CIMG0037.jpg
大学を出る頃には見事な夕焼け。久々に見た光景にちょっと感動。次に見るのはいつの日か、、、、

CIMG0040.jpg
見事な夕焼けとは対照的に、自転車の組み立てに四苦八苦してイライラ120%の後輩(笑)。最初は誰でもそんなもんだから焦らないで。

丸一日学生気分でゆったりと時間が流れたとてもリラックスできた一日でした。この日を楽しみに待っててくれた子もいたみたいだし、時間作ってまた行きますから。

2006/06/12 22:03 |日常の風景COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

ちたま

意味も無く「Google Earth」で遊んでみた。

手始めにクイズでもしてみます。
さてここはどこでしょう?
分かる人には分かるとっても懐かしい場所。

てかこのソフト凄い。。。。
ここ数年でパソコンやインターネットが普及して、気づけばパソコン様々な世界になったと思ったら、マウスをくりくりするだけで地球の隅々まで見渡せるようになるなんて驚き。この調子で行けば50年後なんて今では想像もつかないような世界になってるんだろうな。

leipzig.jpg

2006/06/09 22:04 |独り言COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

陰イオン

午前中少し時間があったから例の如く箕面へ。
先週も行った気がするけど、いつ行っても箕面の自然には癒される。
家からだと往復20キロ強だし、軽く汗を流すにはもってこいのコースになっている。

緑はもう新緑とは呼べないくらい色が落ち着いてきて初夏の兆し。
滝壺のマイナスイオンをたっぷり含んだ風を浴びながらリラックスし、滝道を戻る途中に珍場面に遭遇した。

ダンディな初老の男性がアレックスモールトンの自転車に乗っていたので、思わず”渋いな”なんて思いながら見ていたら、どうやら犬を連れてる様子。この犬ってのがまた何とも言えない仕草の持ち主で、まるでハウルに出てくるヒンみたいな犬だった。見るからにどんくさそうで、とても数キロはある滝まで歩いて来たように思えない。で、どうやって来たんだろうと考えていたら、初老の男性がこっちをチラッと見て一瞬ニヤっとしたように見えた。次の瞬間、、、、、そのヒンみたいな犬がモールトンのキャリアに飛び乗った!!目が点になってしまったよ、まったく。その手があったかと感心しつつも、目の前の微笑ましい光景に釘付けになってしまった。滝道を下る間ダンディを字の如く「尾行」してたけど、あれは反則だ。なんせ目の前のヒンがシッポをフリフリしてるんだから、可愛らしいったりゃありゃしない。ダンディとヒンとの関係は、飼い主とペット以上のものになってるんでしょうね。

20060604201441.jpg

2006/06/04 20:48 |日常の風景COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。